シネマ歌舞伎 らくだ/連獅子

シネマ歌舞伎を 前回初めて観ました時 すっかり気に入ってしまったので
今回は らくだと連獅子 

眠駱駝物語 らくだ
中村勘三郎の久六と 坂東三津五郎の半次のコンビで
大いに笑わせてもらいました

内容は(松竹のサイトから)
フグに当たって頓死した通称“らくだ”の馬太郎。
仲間の半次は、弔いの金を用立てようと、紙屑買いの久六に声を掛けるが、
らくだの家には売るものは何も無い ――。
困った半次は久六を家主のもとに使いに出し、通夜の酒肴を出さないと、
死人を担いでカンカンノウを躍らせるぞと脅す。
ところが家主は、らくだが死んだとあれば祝いたいと言い、その上死人のカンカンノウは
見たことがないので初物を見たいものだと言いだす始末。
これを聞いた半次はらくだの馬太郎の遺体を引き起こし、嫌がる久六に負ぶわせて、
ふたりで家主のもとへ向かう……。

※ 「カンカンノウ」は、中国清朝時代の音楽「清楽」が元歌で、長崎の出島から伝来したらしい。
「看看嚇送奴個九連環」といった歌詞で、九連環とは知恵の輪。
「見ておくれ、私がもらった九連環。
どなたか解いてくださいな」が大意。唐人踊りと称し太鼓などの伴奏で踊るのが十九世紀前半の江戸、
大阪で流行した。

連獅子
f0060315_23282568.jpg

勘三郎と息子の勘太郎、七之助の舞台
兄弟はどちらが上手なのかしら?なんて思いながら 観てましたけど
勘三郎の余裕のある踊り やはり子供たちとはレベルが違います
成長した息子たちと一緒の舞台というのは 親にとっては最高でしょうね

以下は 松竹のサイトから
河竹黙阿弥作詞による歌舞伎舞踊の人気演目のひとつ。
2007年10月に新橋演舞場にて、親獅子を中村勘三郎、子獅子を実の息子である勘太郎、七之助が
踊った舞台を、『人情噺文七元結』に続き、日本映画界の名匠・山田洋次監督がシネマ歌舞伎にしました。
今作では山田監督の意向により、シネマ歌舞伎史上初となる、舞台上に設置したカメラで舞台稽古を
撮影し、客席からでは決して観ることのできない迫力ある映像が誕生しました。

親獅子が子獅子を千尋の谷に突き落とし、駆け上がって来た子獅子だけを育てるという故実を、
実際の親子が演じることでことさらに感動がかき立てられます。
クライマックスの白の毛の親獅子、赤い毛の子獅子による、息の合った豪快、かつ、華麗な毛振りは必見。
[PR]
by pecochama | 2009-04-09 23:34 | Entertainment
<< 巨人・阪神戦 Parisのテーブル12ヶ月 ... >>