天覧山の酒粕  第二弾

f0060315_19415057.jpg
五十嵐酒造から 夜遅くになって電話で
大吟醸の酒粕に キャンセルが出たから 
いかがでしょうか」と 連絡してきたのです。
直ぐに 「いただきます」と返事して 
日曜日 取りに行ってきました。

もう 暖かくなりつつあるから どうかななんて 思いません。
飲んでみたい 一心ですから。
そしたら タイミングバッチリで 寒いじゃないですかぁ。。。。

普通のと100円違いだけなのに 味は中と特上位に差があります。
なめらかで しっとり感がある酒粕ですが 見た目以上に 味が違うのです。

お友達に五十嵐酒造の話をしたら 
なんと 彼女の友人(私も知ってる人)のお母さんの実家だそうで ビックリ。

京都の蔵元からの酒粕も 娘が貰ってきたので 
酒粕の味比べを これからしてみなければ なりません。
甘酒って お腹にたまるのよね。
[PR]
by pecochama | 2006-03-14 19:44 | Gourmet
<< よしもと ゲームアミュージアム 武蔵丘ゴルフコース >>