アバター

今年のお正月映画は 特に観たいと思うものがなかったのですけど
3Dで「アバター」を観ました息子から 「3Dは良いね」と聞いてから
「アバター」を観てみたくなったので 観てきました
f0060315_23514392.jpg

3Dの映像は 眼鏡をかけて観るわけですが
予告の 「アリス・イン・ワンダーランド」から3Dです
f0060315_2350188.jpg
(顔の部分に反対側のビルのポスターが映りこんでます)
アバターは 迫力満点 
長時間ですけど あっという間に終わってしまって
凄かったというのが 感想
300円 通常料金にプラスするのですが その価値はあります
内容は 他の星で緑とその地の人を破壊する人間に嫌気がさしますが・・・

あらすじ
下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる。

解説
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサム・ワーシントンほか、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来久々にタッグを組むことになるシガーニー・ウィーヴァーら実力派が顔をそろえる。構想14年、製作に4年をかけたキャメロン監督による壮大な物語と斬新な映像美に酔いしれる。
以上 movixサイトから
[PR]
by pecochama | 2010-01-10 23:55 | Entertainment
<< 一陽来復のお守りの準備 壽初春大歌舞伎 >>