お盆 & 海蔵寺

f0060315_167015.jpgf0060315_1671777.jpg









13日の迎火で 故人を家に迎え 16日の送火で 故人を彼岸に見送り お盆も終わりました

この5月で三回忌を迎えた父が 末期癌で最期と分かって以来 
沢山話をする機会がありましたが その時に一番楽しそうに話していたのが
若かりし学生時代に過ごした 親戚所有の熱海の別荘でのことでした

別荘は その当時大金持ちだった米問屋の親戚のもので
わたしのお琴だって そこにあったのを いただいたものです
年老いた親戚の伯父や伯母数人は その場所を知っていますが
その人達と一緒に出かけては それこそ大変なので 熱海へ調べに行ってきたのです

海蔵寺の近くということしか 手がかりはないので
先ず お寺に行くと 庭掃除をしていたお坊さんは知らないとのことでしたが
80歳をとおに過ぎた和尚さんが その当時をご存知で教えていただく事ができました
和尚さんは 昔東京の家にも何回も遊びに行っていたし
お風呂にも入りに行っていたし ということで
現況を報告しますと 大変懐かしがっていただきました

お寺から 更にとっても急な道を登っていくと その別荘の場所がわかりました
今は ある会社の保養所となっています
昔の面影は石垣だけですが そこからの景色を眺めていると
感無量でした

タクシーで 「海蔵寺までお願いします」と言うと
「坪内逍遥のお墓参りですか?」って言われました

その運転手さんは 私と同じように 昔の別荘を尋ねて海蔵寺まできたお客さんを
一年前に乗せたと言ってましたが 
別荘は違っても そうやって昔を尋ねてくる人っているんですね
[PR]
by pecochama | 2006-07-17 16:11 | e vent
<< 梅乃寿司 In 銀座 ゴルフ練習場 建物完成  >>