ベルギー王立美術館展 In 国立西洋美術館

国立西洋美術館で12月10日まで開催される 「ベルギー王立美術館展」へ行きました
f0060315_17284336.jpg

上野駅公園口を降りると 結構な人なので 困ったわって思ったら
それは 東京都美術館の「The Glory of Persia ペルシャ文明展 煌めく7000年の至宝
へ行く人の流れのようです
f0060315_17293319.jpg

ベルギー王立美術館の所蔵作品
16世紀のフランドル絵画から印象派 
象徴主義を経て20世紀の超現実主義(シュールレアリスム)絵画まで
およそ400年にわたるベルギー絵画の歴史を紹介
ブリューゲル ルーベンス ヴァン・ダイク クノップフ アンソール マグリット デルヴォー

特に半世紀以上ベルギーから出ることのなかった ブリューゲル作「イカロスの墜落」は
目玉作品のひとつ
ベルギー王立美術館の館長は 
「題名に『墜落』とあるので輸送中は気が気じゃなかった」と 冗談を口にしたとか
f0060315_17301217.jpg

ロビーで販売されている作品もカメラに収めてはいけないのですね
イカロスは 左上の作品
勿論 ポスターも イカロスです



麹町にある駐日ベルギー大使館では 時々イベントがあります
今回は 予定があったので 申し込みませんでしたが
大使館公邸内で開催されるものは 中に入る事が出来るから 楽しいですよ
[PR]
by pecochama | 2006-09-23 17:35 | e vent
<< 新橋玉木屋 うな折50  100% Chocolate ... >>