夕凪の街 桜の国

8月15日 終戦記念日 「夕凪の街 桜の国」 を観てきました
この映画は こうの史代さん原作のコミックを映画化したもの
「講談師 旭堂南海さんのプロの語り」を聴きに行った時
この映画に 主人公 皆実の会社の同僚役として 出演している
浜菜みやこさんから 観ることを勧められたので
本当は 広島に原爆投下された 8月6日に観ようと決めていたのですが
近くでは まだこの日には 上映されていなかったので 
本日 ワーナー・マイカル・むさし野ミューへ行ったのです
f0060315_1742269.jpg

原爆投下から13数年後の広島を舞台に 
被爆者女性 平野皆実(麻生久美子)の生活を描いた 『夕凪の街』
『桜の国』では 皆実の姪にあたる石川七波(田中麗奈)の小学生時代
そして 被爆二世の子として成人した 2007年夏が描かれています

原子爆弾の被害のシーンは絵であったりして 残酷ところはあまりなくて
その後も 一見には 平凡な生活が描かれるからこそ
平和の尊さと生きることの喜びが 
感動を生む人間ドラマとなってます
[PR]
by pecochama | 2007-08-15 16:24 | Entertainment
<< 8月  MOONSTONE &... 婚姻届御祝い In 車屋 >>