Merry Christmas Ⅲ Year Plate

ROYAL COPENHAGEN の イヤープレートの絵柄の中で
クリスマスツリーを 何枚かご紹介します

1981年 娘の生まれた年
クリスマスツリーの前で 子供を抱っこしながら
何か説明でもしている様子のママ
まるで その当時の息子を抱っこしている私?
f0060315_1831933.jpg

1982年
小さい女の子(娘が幼稚園の頃を想像)が窓辺から見ている外には 
好きなウサギさんと
室内には コレクションしている これまた好きなベアー 
そして ツリー
f0060315_1833438.jpg

2000年
ワンコちゃんが見守るなか 
兄妹(20年くらい前の子供たち) 仲良くツリーの飾りつけ
幸せに満ち溢れた家庭が そこにはあります
f0060315_1835346.jpg

1971年 ノルウェイのイヤープレート
このイヤープレートは 
オークションに はまって 最初に落札して手に入れたもの
日本語のサイトなのに 送ってくるのは ロンドンの会社
落札できた時には 初めてですから 興奮してましたね
f0060315_1841718.jpg
 
イヤープレートは ダイニングテーブルの周りに 沢山飾ってありますが
今回は 壁から外して撮ってみました
f0060315_18145615.jpg




1908年にロイヤル コペンハーゲンは イヤープレートを発表
1世紀以上にわたり 1枚も欠かすことなく毎年新しいモチーフを創りつづけ
2007年には 100枚目となりました

ちなみに ビング オーグレンダール(現在は統合されてます)は 
1888年に世界で初めてのコレクタープレート
1895年にはクリスマスプレートを発表していますから 
ロイヤル コペンハーゲンより プレートの歴史は長いのです

その昔 デンマークの人々は クリスマスシーズンの間
使用人に金属や木でできたお皿の上にキャンディ フルーツ等
祝祭の食べ物をのせて贈る習慣がありました
年々このプレートは より装飾的になり 
芸術性の高い純粋な磁器でつくられるようになりました。

世界中の人々に愛用されるようになった今
たくさんのコレクションが親から子に受け継がれています
多くの家庭で手作りの贈り物に代わり家族の歴史を飾るものとして親しまれています
[PR]
by pecochama | 2007-12-25 17:00 | e vent
<< Merry Christmas... Merry Christmas Ⅱ >>