薔薇のポーセリン

薔薇の素敵なお宅に ポーセリンの先生がきてくださるので
いつもの方々にお誘いをうけましたから 喜んで行ってまいりました

ロンドン仕込の手描きのチャイナペイントの方の作品を ずっと前に見せていただきましたが
その大変さが伝わってきまして 私には難しそうって思いました
でも 今回のポーセリンは
転写紙を貼り付けて 焼いて出来上がりとききましたから
それなら 私にも大丈夫でしょうって思って 試したのです
素敵な柄が いっぱいありますので またまたはまってしまいそうな気配濃厚・・・?

好きな転写紙を選んで デザインを決めてから 
その紙を水につけて はがしてお皿に貼るのです
水と空気を抜いて しっかりとつけないといけないの
丸いポットの部分は難しいので 先生にお願いしたり
ゴールドを縁やつまみにつけたりするのも 
なかなか上手にいかないので こちらも先生にお願い
f0060315_0311252.jpg


皆さんの作品は どれも個性的で素敵
f0060315_0314315.jpg

それなのに ご自宅提供のAオーナーさんの作品の写真がないんです
失礼をいたしました
以前につくられたこちらの素敵な作品は Aさまのですけど
f0060315_032292.jpg

レッスン後は なんとアフタヌーンティ
f0060315_0331886.jpg

テーブルには ご自宅の薔薇
シルバーのアンティークのポット トレー ティーストレーナー
お手製のケーキ
本当に素晴らしいおもてなしに 感激いたしました
ありがとうございます
f0060315_033365.jpg

軽井沢の可愛いクマちゃんのフィナンシェまで おみやげにいただいてしまいました




陶画舎には白い食器を買いに行きましたけど
種類が豊富で どれにしたらよいのかしらって 初心者には選ぶのが大変
大きすぎるのが 大作ですから初めてでは無理でしょうし
ご一緒します皆さん同じポットとティーカップ&ソーサーを選びました
f0060315_030346.jpg

[PR]
by pecochama | 2008-07-09 00:39 | Flower
<< カルトナージュ 復習の会 テラスで風を感じるペコちゃん >>