カテゴリ:Flower( 74 )

軽井沢ローズガーデン

スイスではなくて 軽井沢にあるレマン湖
その湖があります南軽井沢にあります別荘地レイクニュータウンに
軽井沢ローズガーデンがありますって この方たちに ポーセリンのお教室の時に教えていただきましたので 
絶対に行きたいわって思ったのです
f0060315_1557436.jpg

夫と行く夏の軽井沢では 2泊3日で2プレーのゴルフ合宿状態に 普通はなるのですが
今回は ゴルフは1回だけにしまして
軽井沢ローズガーデン と 玉村豊男さんのヴィラデスト をメインにしました

先ず 軽井沢ローズガーデン
何か手入れをしていた様子でして 入場料が無料は嬉しいのですが
見ることが出来ないエリアがあって ちょっと残念でした

軽井沢でも昼間は日差しが強いので 日傘を差しながら庭園のお散歩
風があるので 歩いていても気持ちが好いです
素敵なお庭で ビックリしました
f0060315_15581828.jpg

ランチは このローズガーデン内にあります ブラッセリー ナカガワ
コース料理は だいぶ待たないと入れないので カフェの方でパスタを注文
こちらでも前日までに予約をしないと 入れないそうです

ランチは この方に色々と教えていただきましたので エンボカ方面に行ってみましたけど 
予約をしていないと この時期はどこも無理なんですね
家を出る時間もはっきりしていませんでいたし 
渋滞状況もわからないから予約しなかったのがいけなかったみたい
[PR]
by pecochama | 2008-08-10 16:02 | Flower

Parisのテーブル12ヶ月「夏の終わりに」

*FLORETTA* 先生のフラワーアレンジメント教室
「Parisのテーブル12ヶ月」クラス 8月のレッスンテーマは 「夏の終わりに」
f0060315_2374561.jpg

使ったお花
ダリア 黒蝶
バラ カルーセル
パフィオ
ドラセナ
青りんご
f0060315_2332551.jpg

ガラスの器に両面テープを使いドラセナを貼って 器つくりからスタート
黒蝶のダリアは 豪華な色
カルーセルのバラは 品のある素敵な色
パフィオは 先生のおっしゃるように 
元気ですかぁ~の アントニオOOのアゴに似ている・・・

レッスン終了後は いつものよう美味しいティータイム
f0060315_231774.jpg

ラッピングもいつも素敵ですので まるでお花やさんで買ったみたいです
f0060315_2312353.jpg

f0060315_2315669.jpg

[PR]
by pecochama | 2008-08-06 23:04 | Flower

パリのテーブル12ヶ月 海辺のパーティー

FLORETTA 「パリのテーブル12ヶ月」クラス
7月のテーマは 海辺のパーティー
f0060315_22592170.jpg


使ったお花
ハンギング アマランサス
アナベル
アンスリウム(白&緑)
バラ サハラ
マリーゴールド バニラ
セルリア (ネイティブフラワー)
乾燥ヒトデ
ホタテ貝
f0060315_22593871.jpg

アンスリウムは赤ではなくて 白と淡いグリーン
綺麗な色合いで 爽やかですが どこにおいたらよいのか悩んでしまいます
日持ちしますので 暑い夏には適しているのでしょうね

乾燥ヒトデは 水につかっている部分は 硬くなくてフニャっとしてきます
匂もエビみたいに海を感じます
水分を沢山含んでしまうと 大きくなって気持ち悪くなりそうですって 
[PR]
by pecochama | 2008-07-18 23:00 | Flower

薔薇のポーセリン

薔薇の素敵なお宅に ポーセリンの先生がきてくださるので
いつもの方々にお誘いをうけましたから 喜んで行ってまいりました

ロンドン仕込の手描きのチャイナペイントの方の作品を ずっと前に見せていただきましたが
その大変さが伝わってきまして 私には難しそうって思いました
でも 今回のポーセリンは
転写紙を貼り付けて 焼いて出来上がりとききましたから
それなら 私にも大丈夫でしょうって思って 試したのです
素敵な柄が いっぱいありますので またまたはまってしまいそうな気配濃厚・・・?

好きな転写紙を選んで デザインを決めてから 
その紙を水につけて はがしてお皿に貼るのです
水と空気を抜いて しっかりとつけないといけないの
丸いポットの部分は難しいので 先生にお願いしたり
ゴールドを縁やつまみにつけたりするのも 
なかなか上手にいかないので こちらも先生にお願い
f0060315_0311252.jpg


皆さんの作品は どれも個性的で素敵
f0060315_0314315.jpg

それなのに ご自宅提供のAオーナーさんの作品の写真がないんです
失礼をいたしました
以前につくられたこちらの素敵な作品は Aさまのですけど
f0060315_032292.jpg

レッスン後は なんとアフタヌーンティ
f0060315_0331886.jpg

テーブルには ご自宅の薔薇
シルバーのアンティークのポット トレー ティーストレーナー
お手製のケーキ
本当に素晴らしいおもてなしに 感激いたしました
ありがとうございます
f0060315_033365.jpg

軽井沢の可愛いクマちゃんのフィナンシェまで おみやげにいただいてしまいました


事前に 原宿の陶画舎さんへ
[PR]
by pecochama | 2008-07-09 00:39 | Flower

ジヴェルニーのモネの庭

FLORETTA BASICコースが5月で終了しましたので
6月からは 「パリのテーブル12ヶ月」コースがスタート
テーマは 「ジヴェルニーのモネの庭」
f0060315_15164046.jpg

使ったお花
青紫色の秋色あじさい
芍薬 滝の粧
菖蒲 (アイリスが出荷されなかってので)
バラ 濃い色 ザ・プリンス(ロゼット咲き)
バラ 薄い色 SPバラ リトルシルバー
ベルテッセン 
オダマキ
アストランティア
ベッチーズブルー
山こけ

ベルテッセンやオダマキの茎のクネクネを生かすのが 難しいです
f0060315_1517379.jpg

f0060315_15172620.jpg

楽しみなお約束の チョコ&紅茶
f0060315_15174365.jpg

[PR]
by pecochama | 2008-06-12 15:22 | Flower

イングリッシュガーデンローズカフェ

イングリッシュガーデン ローズカフェ
国分寺の 見晴らしのよい高台の住宅地にあります
今日は ワンコちゃんのオフ会も開催されていました
11時オープンです
予約席は既にずっと前から満席です
オープン前に行ったのに既に30人位並んでいまして
住宅地もビックリです
お天気ですと 外のテラス席にも座れますから 予約していなくても
待っていると座れるのですけど 11時ちょっと過ぎにいらした方の席は なかったですね
f0060315_0361739.jpg

f0060315_0365981.jpg

セルフサービスとなってますが ランチは注文すると運んでくれますので
お片づけだけ セルフというわけ
レディースガーデンセット 
ビーフシチュー ココットえびグラタン ココット鮭のクリーム煮 パン3枚 デザート 紅茶
薔薇のトレイにのって運ばれてきましたので 風を感じながら
外で 気持ちよくランチ
天然酵母のパンは
クランベリーカレンズくるみ イチジクカレンズくるみ オレンジレーズン
の3種類で 美味しかったので 自宅の朝食用に買いました
f0060315_036449.jpg

薔薇のシーズンは 5月20日頃がベストだった様子ですが
7月の最初も また綺麗に咲きそろいます

その後は ひかりフラワーへ
[PR]
by pecochama | 2008-06-12 00:40 | Flower

薔薇空間 In Bunkamura ザ・ミュージアム

ルドゥーテ生誕250年記念 薔薇空間
Bunkamura ザ・ミュージアムに 金曜日の午後 行ってまいりました
f0060315_8112830.jpg

宮廷画家ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ(1759~1840年)は
マリー・アントワネットとナポレオン妃ジョゼフィーヌに仕えた宮廷画家
バラの魅力に取りつかれ ボタニカル・アートの『バラ図譜』(Les Roses)を完成
『バラ図譜』の全169作品が展示

No45 ロサ・ケンティフォリア はマリー・アントワネットの肖像画に描かれています
No55 ロサ・ケンティフォリア・クレナータ はパンフレットの表紙に使われています

アルフレッド・パーソンズのリトグラフ
日本の二口善雄の水彩画
写真家 齋門富士男の作品も展示
薔薇の「香り」の演出もあります

他の方には申し訳ないけど ルドゥーテが一番素敵です
f0060315_025352.jpg

ドゥ マゴ パリのオープンテラスには ローズガーデン
「薔薇空間」ケーキセット でお友達と休憩
f0060315_03624.jpg

[PR]
by pecochama | 2008-06-09 00:04 | Flower

クレア・ホームアンドガーデン の 薔薇

クレア・ホームアンドガーデンCLARE HOME AND GARDENに バラを見に行ってきました
f0060315_02457.jpg

f0060315_0242054.jpg

薔薇は もちろん綺麗に咲いていますが
お庭には 池や水の流れもありますし キッチンガーデンもあります
小道は 半分くらい綺麗な石が敷いて整備されています

自宅の庭はこうしたらいいのだわって 参考になります

店内の席は 予約がいっぱいでした
午前中でしたので お茶でもって思いましたけど
f0060315_0243732.jpg

2階では 去年と同じように 福永由美子さんご本人がいらして 
6月1日まで 作品展が開催中
パティスリー・ド・シェフ・フジウ のパッケージや包装紙のための制作品がありますので
フジウのコンフィズリーも 種類は少ないですけど買えます
[PR]
by pecochama | 2008-05-29 00:25 | Flower

第10回 国際バラとガーデニングショウ 第2弾

引き続きまして 第10回 国際バラとガーデニングショウ の第二弾
実は 娘と一緒に もう一度最終日の月曜に行ったのです
1回目は 2日目でしたので 混雑していて大変でした
最終日の早い時間に行きましたら ゆっくりと見ることができましたけど
薔薇のお花は ちょっとくたびれてきているのもありました

ローラン・ボーニッシュ氏のブーケ 
素敵過ぎます
f0060315_2341064.jpg

f0060315_2342344.jpg

前回に撮り忘れているところもありました
f0060315_2343651.jpg

f0060315_2344748.jpg

[PR]
by pecochama | 2008-05-22 23:50 | Flower

第10回 国際バラとガーデニングショウ

第10回 国際バラとガーデニングショウ
f0060315_0575449.jpg

インドネシアから戻ってきていますお友達と一緒に 西武ドームで見てきました
第1回目を思い出しますと この時は夫と ワタベウエディングを見るために行ったのですけど
全てにおいて格段の進歩を感じます
販売店舗は 多すぎて混雑しすぎですが 展示は見やすくなって洗練されレベルアップ

英国デビッド・オースチン社のイングリッシュローズアベニューが 今回のメインです
デビッド・オースチンのお孫さんとマイケル・マリオット氏のバラのお話も 
ローズテラスで タイミング良く聞くことができました 
f0060315_23425988.jpg

f0060315_23431161.jpg

テラスに飾ってありますブーケは もちろんローラン・ボーニッシュ氏の作品
好みのローラン・ボーニッシュ氏とは一緒にお写真も撮ったりしました
f0060315_23432742.jpg

吉谷桂子さんの妖精の住む庭
f0060315_23443271.jpg

f0060315_23452849.jpg

f0060315_2345527.jpg

コンテスト部門のなかの 切り花 ハンギングバスケット 
f0060315_23435162.jpg

f0060315_23441024.jpg

[PR]
by pecochama | 2008-05-18 23:48 | Flower