<   2006年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ミラノ観光の半日 最後の晩餐

本日のメイン 最後の晩餐の予約時間は 12時30分からですので
先ず その前にお決まりのミラノの市内観光
ドゥオモを外から眺めて 中に入り
次は ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世ガレリアを通り抜けて
f0060315_23514212.jpg

スカラ座広場へ
皆さんが写真を撮ったりしている間に バンカ(銀行)で円をユーロに替えたけど
成田よりレートはいいし この日の朝 ホテルで交換した人とは雲泥の差
都市であるミラノには沢山のバンカがあって 
銀行が統合されて支店が少なくなった東京より使い易い感じ
サッカーのチケットも買えるんですって
バンカの人は親切で 「こんにちは」って日本語話してくれました
f0060315_23523923.jpg

バスに乗って スフォルツェスコ城まで行って 
f0060315_23531822.jpg

やっと お目当てのサンタ・マリアデッレ・グラツィエ教会
最後の晩餐」」を見るためには 25名ずつで15分だけ
待っている間にお友達は以前にご一緒していたテニスクラブの方と遭遇 凄い偶然でビックリ
本物を写真に撮ることはできないから 待合室でパチリ
f0060315_2354943.jpg

教会の食堂の壁に描かれた実物は 
あまりにも綺麗な色彩なので感激しました
あっという間の15分です
反対側に弟子の絵があるのですが 忘れました
[PR]
by pecochama | 2006-11-29 23:57 | イタリア旅行

ミラノのドゥオモ

500年という歳月をかけて建てられた 繊細なミラノのドゥオモ
いったい いつになったら修復が終わるのでしょうか
まだ 正面には白い大きな布があるので 全景を眺める事ができません
f0060315_23069.jpg
       電線をカメラの収めたくないって思うと アングルが斜めになります
f0060315_231452.jpg

中は広くて ステンドグラスは鮮やかです
f0060315_237825.jpg

f0060315_2372472.jpg

f0060315_2310192.jpg

f0060315_23101059.jpg

ご一緒した多くの方が屋上へエレベーターで行きましたが
去年登ったばかりなので 今回は皆さんとは別行動 

夜に眺めるドゥオモも 綺麗で素敵です
f0060315_2321443.jpg

ミラノには5泊したので 時間をかけてもっとゆっくりと見学しておけばよかったって 
ここでも後悔してます
[PR]
by pecochama | 2006-11-29 23:14 | イタリア旅行

ミラノのホテルでの夕食

フィレンツェを朝 出発して モデナでバルサミコ酢のお勉強とランチ
ヴェローナ観光をして 最終目的地ミラノへ到着したのは 夕方でしたから
その夜の お食事は外へ行かないで Grand Visconti Palace のレストランです
f0060315_054834.jpg

今回の旅行中に二名の方がお誕生日を迎えますので
サプライズでお誕生日のプレゼントを準備して お祝いをしました
お誕生日の帽子は お孫ちゃん用のお土産に買われた方のを お先に使わせていただきました
とっても喜んでいただけて 皆さんで楽しく過ごせました
f0060315_05339.jpg

パスタ・ペンネ
f0060315_061284.jpg

鱒のフィレットいろいろな風味
f0060315_064395.jpg

ミックスサラダ
デザート
f0060315_07379.jpg

お食事は まあこのようなものでしょうってお味
[PR]
by pecochama | 2006-11-25 00:08 | イタリア旅行

ヴェローナ

ヴェローナは イタリアで4番目に観光客の多い町なんですって
多分それは ロミオとジュリエットのモデルの場所と
夏の野外オペラがあるということでしょう
ヴェネツィアとミラノへ行く時に コースに入れやすいのでしょうが 
観光するだけで 宿泊者は少ない感じがします
でも あまり大きくない旧市街の町に宿泊して一日過ごすのも 落ち着いていい感じ
夏のオペラは 必見の価値がありそうなアレーナですから 見たいものです

アディジェ川からの景色
f0060315_23344162.jpg

f0060315_2335023.jpg

ロメオとジュリエッタ       ロメオの家   
f0060315_23354062.jpg

                   ジュリエッタの家
f0060315_2336882.jpg

市場のある広場とフレスコ画
f0060315_23365517.jpg

f0060315_23384439.jpg

円形競技場アレーナは 1世紀に建てられたもので 今も使われているなんて凄い
f0060315_23391334.jpg

f0060315_23393547.jpg

[PR]
by pecochama | 2006-11-24 23:45 | イタリア旅行

ランチ In モデナ

バルサミコ酢のモデナでの ランチは 当然バルサミコですから
マルピーギ社の経営するレストランに行きました
1階には 普通のレストランがありますが
私達が通されたのは 地下にあるワインを貯蔵してある所
OSTERIA CANTINA DEL SOLE
f0060315_2351524.jpg


エミリア地方サラミの盛り合わせ
とっても沢山あるのですが もう食べなれているので ペロリといただいてしまいます
f0060315_2353945.jpg

ここのパンは 特においしかったので ついいただき過ぎてしまいました
f0060315_236170.jpg

CANTINA でいただいたからでしょうか とっても美味しいワイン
f0060315_2362820.jpg

ポテトは 今までいただく事がなかったから 珍しさと素朴な味が良い感じ
f0060315_2365234.jpg

一口大鶏のバルサミコ風味
バルサミコを煮詰め過ぎたように感じましたので テーブルにあるバルサミコを
ふんだんにかけていただきました
f0060315_23727100.jpg

洋梨のジェラート バルサミコかけ
最初からかけられていたバルサミコは少なかったので 自分で沢山かけました
f0060315_2374218.jpg

[PR]
by pecochama | 2006-11-24 23:16 | イタリア旅行

バルサミコ酢工房 In モデナ

今回のイタリア旅行の目的は 
いつも イタリア料理を教えていただいている先生とご一緒ですから
美味しいものをいただくのは勿論ですが 
オリーブオイル ワイン バルサミコのお勉強をすることもメインなのです

バルサミコといいますと モデナなのですが 
モデナって 車のフェラーリの方が 有名かもしれませんね
Acetaia Malpighi (マルピーギ社)が今回訪問した バルサミコ酢の工房です
f0060315_22475619.jpg


屋根裏部屋みたいな所に バルサミコ酢の黒い樽はありましたから
夏は暑く冬は寒いという自然環境におかれて何年もかけて熟成されるのです
バルサミコ酢は100%黒葡萄から作られるのではなくて 白葡萄70%と黒葡萄30% 
90度の温度でじっくり煮詰めることで 残ったものがバルサミコ酢の原材料となるモストコット
黒くなっている樽は サクラ オーク トネリコ・・ 5種類の木を使います 
バルサミコは 古いものを新しいものに足します
毎年順繰り樽を替えることで 木の種類によって香りが違うから風味もましてくるのです
樽の上の部分は蓋ではなくて 小さな白い布で覆われていて発酵しています
25年50年と熟成されたものを トラディショナルといいます
何年も手間隙をかけるのですから 価格が高くなるのは当然と思います
f0060315_22483761.jpg

f0060315_22485217.jpg

バルサミコ酢ばからりでなくて
ゼリー状のジャム 中にバルサミコの入ったチョコレート キャンディー
ホワイトバルサミコ もありますので 折角ですから 色々お買物しました
f0060315_22491562.jpg

50年ものをはじめとして 25年ものと 試しにスプーンでいただきましたが
ミキプルーンの味に近い感じもします
普通にいただくのでしたら 6年もので充分と思いました

安いバルサミコ酢には キャラメルを入れて色をつけ
一日で作る事ができるそうです
[PR]
by pecochama | 2006-11-24 22:55 | イタリア旅行

フィエーゾレ LA REGGIA

夕食は フィエーゾレの丘の上にある LA REGGIA
フィーエゾレは フィレンツェより古い歴史があって 「フィレンツェの母」とか
丘から眺める事が出来る フィレンツェの街の灯は 綺麗な夜景です
デート中のカップルのお邪魔をしながら カメラを構えました
f0060315_15484489.jpg
f0060315_1549728.jpg

前菜
f0060315_15492631.jpg

ピステカ・フィオレンティーナ
f0060315_15594742.jpg

デザート
f0060315_15502177.jpg

f0060315_1550478.jpg

私達の他にも 2組のグループがいらっしゃいましたが
なんと そのどちらも日本人でした
[PR]
by pecochama | 2006-11-21 16:00 | イタリア旅行

ヴェッキオ橋

ランチをして 休んでから ウフィッツィ美術館の前を通ると
色々なものに扮装した人達がいます
その中でも 気に入ったところで コインを入れてから写真を撮りますと
なんと ご丁寧なことにお礼のお辞儀をするのではないですか 
f0060315_15121692.jpg

ヴェッキオ橋は 凄い人込みです
金細工を売ってますから ピカピカで目がくらみます
夫と一緒だった去年は 私といたしましたことが遠慮してというか
時間をかけて選べないから 入らなかったのですが 今年はOK
とある お店に入りました
お友達も何故かカメオを欲しくて 
私はカメオでも貝ではない方のブルーを買おうって思ってました
「NHKの番組で見ましたが ヴェッキオ橋のお店は 同じ経営者のお店が沢山あるので
どこで買っても 料金は変わらないって聞いてます」って 最初に言っておいたのが功を奏して
なんと 1,000ユーロも間違えて値札を付けてしまったものが 
「日本のNHKでも番組が作られて それを見ているのなら 信用問題だから 
最初の値段の通りで良いです」って事になりまして 
それは 私のではなくて お友達の買うものだったのですが
とんでもなく お安く手に入れる事ができました
私は 日本でもイタリアの人が来て彫っているのを 毎年見ていますし
デパートや色々な所でも見ていますし
昨年もナポリで 沢山見ていますから 分かるのですが
きちんと作者が彫ってあって 顔の彫り方も素晴らしい出来栄えでした
ただし もう一つ 最初からいいなあって思っていたものも 合わせて買って下さいっていうのが
条件でしたが お友達は 本当に素晴らしいお買物でした
私は カメオのリング一つだけにしました
だって 日本には お揃いになるペンダントヘッドの大きいのがありますから
f0060315_15271896.jpg
f0060315_15273422.jpg

f0060315_15281671.jpg

ピノキオを売っているお店
f0060315_15285373.jpg

ピッティ宮殿まで行って パラティーナ美術館
f0060315_15291230.jpg

[PR]
by pecochama | 2006-11-21 15:36 | イタリア旅行

ランチ&ティー In シニョリーア広場

皆さんが ウフィッツィ美術館を 朝早くから見ている間に 
ゆっくりと ジョットの鐘楼へ昇っていたのですが
シニョリーア広場で待ち合わせをしまして ご一緒にランチ
f0060315_14515922.jpg
f0060315_14521850.jpg
f0060315_14524342.jpg
f0060315_14525810.jpg

午後は ヴェッキオ橋を通ってアルノ川を渡って
ピッティ宮殿まで行って来て疲れたから その帰りに 
リヴォワールでお茶をしました
リヴォワールは伊勢丹のイタリア展にも出店してましたが
忙しくて行かれなかったから 本店でリベンジ
お店の方は 日本語が少々出来るみたいです
カフェで 広場を見ながら通り行く人々をゆっくりと眺めていると あ~イタリアって感じ
f0060315_14532933.jpg
f0060315_145429.jpg

最初の予定では ホテルがベルニーニ・パラスだったので
このシニョリーア広場なんて 庭先みたいな感じだったのに
人数の変更等で 駅近くのロンドラホテルでしたのは残念でした
[PR]
by pecochama | 2006-11-21 14:55 | イタリア旅行

ドゥオモ フィレンツェ

竹之内豊の「冷静と情熱の間」を見た時 一番印象に残ったのが
ドゥオモからの フィレンツェの景色
去年も 何故か昇れなかったので 今年は絶対に昇って景色を見ようって 決めていたのに 
日曜日なので ミサをしているから 昇る事ができません
白とピンクとグリーンの大理石が綺麗です
f0060315_14202694.jpg
f0060315_14205863.jpg

フィレンツェの街並みは見たいから 気を取り直して ジョットの鐘楼へ
414段の細い階段を昇って 途中で休憩もしながら  
ドゥオモとフィレンツェの街並みを見る事が出来て 嬉しかったです
f0060315_14252955.jpg
f0060315_14254586.jpg
f0060315_14255941.jpg
f0060315_14261697.jpg

でも ドゥオモからの景色も見たいから また行かなくては・・・
それも 私のお誕生日 6月24日が フィレンツェの守護聖人
洗礼者ヨハネ(サン・ジョヴァンニ・バッティスタ)の日だから その頃に行きた~い!!
[PR]
by pecochama | 2006-11-21 14:30 | イタリア旅行