<   2007年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

夕方のお散歩

ペコちゃんと 昭和記念公園をお散歩をしながら 夕日が沈むのを待ちました
夕日を見ている 背中に哀愁を感じましたが・・・
f0060315_22535464.jpg

小さな男の子達と遊んだり
ミニチュアダックスの女の子と遊んだり
f0060315_2334691.jpg

介助犬以外は 入ってはいけません ていう札を眺める ペコちゃん
何か 思うことありますかぁ?
f0060315_22532442.jpg

沈んでいく太陽は 大きくて綺麗でした
f0060315_22541655.jpg

[PR]
by pecochama | 2007-01-31 23:00 | Pecoちゃん

イタリア旅行記 お終いです

ナヴィリオ運河沿いで毎月最後の日曜日に開催されるアンティーク市
私にアンティークに興味をもたせてくださったのも 今回ご一緒のお友達ですから
是非 行きたいって思っていましたが 土曜日に帰ってしまうので 見る事が出来なくて残念
トリノへご一緒したガイドさん曰く 「ガラクタも多いのよ」ですが
行かれないと思うと 行きたいって思うものです

ドゥーモ近くでは 小さなアンティーク市を見ましたが 興味あるものは 何もなかったです

チェルヴァ通りにも 散歩がてら行ってみましたが
土曜日の午後でしたから タイミング悪く閉まっているお店ばかりで 
小さなお店では休憩時間があるから 日本と違って 行くタイミングが難しいですよね
この通りは 雰囲気があって 良い感じでした
f0060315_18101221.jpg

セレクトショップも行きたかったのですが 時間切れ

ミラノの空港では タックスリファウンドにとっても時間がかかって 大変でした
それでも日本円で それなりの金額が戻ってきたって事は お買物をしたって事ですよね
ここで時間を使いましたし ミラノの空港内には 小さなカートがないから 
チェックイン後には手荷物を自分で持たなくてはいけないんです
そんな事 知らないから 重い手荷物でしたから 動けなくて大変で
JALのお部屋で休むことしか 出来ませんでした
本当は ここで生ハムやチーズを買う予定でしたが
面倒になってしまいましたし 
一日ミラノで歩き回って 夜の飛行機ですから 疲れてますし
それよりも 長期の旅行でしたから 本当に疲れてきたのだろうって思います

また 直ぐにでも 今回実現できなかったことをするためにも
イタリアにまた行きたいって思いながら 帰国してまいりました

長期間 ペコちゃんのために毎日 早く帰宅していました夫と
お休みを取ったりして ペコちゃんに寂しい思いをさせないように遊んでくれた娘に 
感謝感謝です

まだまだ 書くことが沢山ありますが 10月半ばの旅行ですし
12月には書くのを中断してましたし
1月中に どうにか完成をしたいって思っていましたので 今日は頑張ってお終いにしました 
これで やっと肩の荷が下りました
[PR]
by pecochama | 2007-01-29 18:16 | イタリア旅行

ペックでのお買物

ペックには 2回お買物に行きました
先ず 一回目は ほとんど全員に近い人数で 押しかけました
その時 皆さんは ドライトマトを買ってました

私は 試食をお願いしながら 
イチジクは 2種類売ってまして 
中にアーモンドが入っている方が 美味しいから それにしようとか
ベリーのドライは珍しいので それも試食したり
ショウガの砂糖付けも 母にって思って買ったのです
f0060315_17383517.jpg

帰国の日には ドライトマトを買いに 行きました
お料理の方々へのお土産にしようって思いましたから
最後に またペック行ったのです

ついでに 帰国の飛行機の中でいただくパンは不味いから
ここで 調達しましたし お土産用にもフォカッチャなんかを買ったのです

帰国後 このドライトマトが大問題?になりました!!
種がとても大きいので ピーマンではないかしら
そして ドライと言っても柔らかいですから ピーマンよって 事になったのです
でも 暫くしてから 荷物の整理をしていたら レシートを発見
そこには ポモドーロって書いてありますから トマトが正解だったのです
こんな調子で イタリアンやってるのですから 私達も どうかもね
先生は とてもお優しいですから 私達が騒いでいましても
何もおっしゃらないから トマトってお分かりになっていらしたのでしょうね
[PR]
by pecochama | 2007-01-29 17:40 | イタリア旅行

ブランドショップ In ミラノ 

ミラノのブランドショップがひしめく モンテナポレオーネ通り スピーガ通り
それと交差するサンタンドレア通り とにかくこの一角が ホテルから歩いて直ぐなので
ウィンドウショッピング&お買物を楽しんできました
f0060315_15323548.jpg

f0060315_15325567.jpg

f0060315_15331869.jpg

ゴルフへ行く時 荷物が少ない時用にバッグを買おうって決めてました
手荷物で持って帰ろうって考えていた お菓子やワインを入れるのに丁度良いですし
日本みたいにゴルフ場での接待なんてない?イタリアでは ゴルフ場が少ないんです
ウェアも あまり目にしませんでしたが 大きなスポーツ用品専門店GOLFINOを見つけました
でも それは本社がドイツみたいですし バッグのお値段もそれなりにお高いんです
そのくらいの価格なら Gucci の方が良いかも
そこで Gucci へ行くと  広い店内には 品数豊富 
日本語の分かる店員さんも多いですし 
なによりも 日本人観光客が多いですね
今持っているグッチのが大きいから その小型バージョンにしようって思って
黒いのを 買いました
この時 お友達はお疲れで ホテルでお昼寝中でしたが 
私のを見て欲しいて思ったようで 翌日また買いにいきました
彼女は日本に戻ってきてから ゴルフへお友達と行った時 そのバッグを褒められたとか
買って良かったですね
f0060315_17255327.jpg

今までも Gucci の小物入れに デジカメを入れていたのですが
今回は茶色い革製のと 首から下げるリボンを買いました
f0060315_1726750.jpg

お留守番の娘にも 何かって思っていたのですが
なかなか 決まらないので ルイ・ヴィトン
ガレリアのルイ・ヴィトンのショーウィンドウにあった 新作のダミエのポシェット
これは 見本しかないって言うので 
リナシェンテのルイ・ヴィトンになら商品があるって言うから そちらで購入
更に ベルトも欲しいのではって思ったので 合わせてお土産 
ガレリアのルイ・ヴィトンは 北京なんて書いた札もあったりして
お客さんも中国人が多くて ビックリ 皆さん大きなブランド品の入った紙袋を持ってます

イタリア好きな息子は 自分で選んで買えば良いですし
夫用には 一昨年に夫が大量買いしたローマのお店で色々探したけど 
見つからなかったので 他にはいらないって 言ってたからとういうことで 
ガレリアで手袋をお土産にしました
その時 すかさず私の手袋も買いましたが・・・
[PR]
by pecochama | 2007-01-29 15:42 | イタリア旅行

アウトレット In ミラノ市街

ローマ フィレンツェ ミラノ郊外には 大きなアウトレットが沢山あります
今回の旅行は お食事がメインなので お買物は・・・?
日程に余裕があるのなら ミラノで郊外のアウトレットに行きたかったのですが
一日潰すのは勿体ないので 市内にある直ぐ行かれるアウトレットだけにしました

宿泊したデ・ラ・ヴィッレから歩いて直ぐの所にある マックスマーラーのアウトレット
Diffusione Tessile(ディッフジョーネ・テッシレ)
1階と2階があって 靴 バック 手袋 アクセサリー等の小物から
お値段の張るのコートまで 商品はタップリあります
商品状況は 比較的に良好で 品質の良さを感じます
デ・ラ・ヴィッレへにチェックインしてから その午後に先ず1回目
翌日の夕方 イル・サルバジェンテへ行った帰りに 2回目
私は同行しませんでしたがお友達は また次の日の午前中にお買物のために 3回目
        右側奥のビルの中の方に Diffusione Tessileはあります
f0060315_14423135.jpg


Il Salvagente(イル・サルバジェンテ)
道路から半地下にある倉庫のような店内が見えるのですが
入口がわからなくて 半周してしまいました
入口にあるロッカーに荷物を入れてから 品選びをするのですが
店内は広いですし 商品の量は 半端ではなくて 凄いんです
ブランド別になってますし 紳士物もありますし 
安いからでしょうね ミラノの人がお買物に来ている感じでして
日本人には 会いませんでした
品質は 良くみておかないと 首をひねるのもあります

行きはホテルからタクシーですが
帰りは タクシーもないですから お店の人に聞いて バスに乗って帰りました
その終点が サン・バビラでしたので またまたディッフジョーネ・テッシレへ寄った訳

他にも 行きたい所がいっぱいあったのですが 時間切れで残念でした
次はお買物専門で ミラノへ行かないと駄目ですね
[PR]
by pecochama | 2007-01-29 14:49 | イタリア旅行

新武蔵丘ゴルフコース

26日 新武蔵丘ゴルフコース
いつもは 年会費を支払って会員になっている うぐいすクラブ で参加をするのですが
夫が12月末に獲得してきた優待券を利用しました
池越えの18ホールでバーディーを取ると もらえるのです
今回も 18番で欲しいって思いましたが 誰も取れなくて残念でした 
f0060315_0362365.jpg

スルーでのプレー
予約した時には 一番スタートでしたが 前に一組入ってました
ところが この前の組っていうのが 最悪 
四人のうち 一人女性がいて 素振りの回数が多いこと
男性は 若い人もいますが それなりの歳の人もいるのに
全く マナーを知らないというか 教えてもらったことないのではないかしら
後ろを見ないから マイペースで なかなか打たないし 
グリーンでも とにかく 動作がのろいので
後続の組は 待ち時間が多いんです

私もお友達も プレーに厳しい夫から 躾られてますから
走りまわったりして機敏にしていないと しかられるので 鍛えられてます
私は今回も それなりに注意を受けてます

3番ホールでは 池には 氷が張ってました
f0060315_0501922.jpg

お菓子を狙っている カラスが カートのイスに座ってました
いつも カラスは10番ホールに待っているのですが この日は場所を移動したみたい

ランチをいただきませんでしたが 休憩所には おでんもあります
f0060315_0493883.jpg

f0060315_0495296.jpg

朝は指先が冷たいので ホッカイロで温めてましたが
思ったよりも 暖かかったので 良い感じなのですが
肝心のプレーは しまりがなくて残念でした
また 頑張ろう!!
[PR]
by pecochama | 2007-01-28 00:51 | Golf

蒲隆 In 湯河原

24日 湯河原へお友達とランチ
小田原で 「外郎」を買おうと思ってちょっとだけ寄り道したのに お休みの日
山の上にある とても見晴らしの良い ヒルトン小田原のランチブッフェを 覗いたりしてから
本来の目的地の湯河原 蒲隆へ
f0060315_0163720.jpg

蒲隆は 湯河原と日の出町に別宅をお持ちのお友達に 連れていってもらったのが 最初
この日 ご一緒したお友達に美味しいのよって お教えしたら 
お気に入りになったようで もう何回か行ってるとか
私は お昼は初めてですが 彼女はいつもランチだそうです

道場六三郎が ここの気に入ったメニューを欲しいと言ったとか
梅宮辰夫が テレビに出て欲しいと言ったとか
確か 数年前にテレビに出たとか 聞いていますが・・・

ご主人は 歯の本数が非常に少ないですし
数年行ってないので 驚いたのですが 耳が遠くなってますから 話が遠いです
このおじさんが 美味しいお料理出すの?って感じると 初めての人は思うかもしれませんが
夜のお任せ料理は 凄いです
大きな魚屋さんの長男ですが 親御さんがこの長男には任せられないって思ったようで
お店は 二男が継いでいるようです
幾つかの旅館で料理長をされて 歳をとってから 自宅の小さいお店を開いたようです
魯山人ではないけど 陶芸も書もお上手で 
私は 織部風の一枚のお皿をいただいた事があります

ランチお任せ
f0060315_014933.jpg

うるい お皿に塩が振ってあります
f0060315_0142414.jpg

長火鉢でいただく湯豆腐は 格別です
f0060315_0143787.jpg

マンボウの生春巻
マンボウは とても美味しかったので お土産に買いました
f0060315_0145799.jpg

太刀魚と葱の焼物 たらの芽と干し柿の天ぷら 
f0060315_0151286.jpg

白子は 新鮮です
f0060315_0152792.jpg

牛刺しでご飯をいただきました

ここのご主人は お酒で身を持ち崩している(?)ので 
お酒は向かいにある酒屋さんで 自分で調達していくのです
つまり 持込しなくては いけないんです

帰りには 箱根富士屋ホテルで お茶をして
干物を買って 長い一日が終了
[PR]
by pecochama | 2007-01-28 00:28 | Gourmet

二十日戎 & ペンペン草

1月20日 実家へ行きますと 今日は「二十日戎」と 母から言われました
床の間には 恵比須さまと大黒さまが飾ってあります
本来は この日にもお雑煮をいただいていたとか・・・
母の説明を受けても 本来の意味があまり良くわかりません
恵比須・大黒の飾ってあるところの後ろから 母が何かを取り出したので
「どうしたの?」 って聞いてみますと
「商売繁盛の神様だから 通帳を置いておいたの」ですって
早速 私も一寸の時間だけど お財布を置いてみました
f0060315_22263763.jpg

f0060315_22264936.jpg

帰り際に お赤飯をもらったのですが
それは 裏にある家からいただいたものとか
そこのお宅では 20日にはお赤飯を炊いて お祝いをしているそうです

1月7日 七草の日 
毎年 七草は母が用意したものを 実家まで前日に取りに行きます
春の七草にある 「ナズナ」は「ペンペン草」って言われますが
私の家では なかなか見つからないのですが 実家の庭には 沢山あります
まだ 花が咲いていない状態です
f0060315_22273154.jpg


お供えの上に乗せるのは 「橙」です
わが家では 小さいみかんを使っていますが 
実家の庭には 私が子供の時からあります 橙 がまだあります
立派過ぎる大きさだから とっても大きなお供えでないと 乗せられません
f0060315_22274452.jpg

[PR]
by pecochama | 2007-01-25 22:32 | e vent

東京国際キルトフェスティバル 

東京ドームでは 1月から2月にかけて 
キルト テーブルウェア ランと 大きなイベントが3つ開催されます
とっても大きな開場ですし その期間に 3回とも行くのは 大変なので
いつも キルトを外して テーブルウェアとランを見に行くのですが
今年は叔母が 『NHKのおしゃれ工房「バスケットのパートナーシップキルト」に応募したの』
と言ってますので 「東京国際キルトフェスティバル」 を見に行ってきました

先ず パートナーシップキルト 
総数80枚ですから どれだけ沢山の人が作品を応募したのでしょうね
f0060315_238983.jpg

f0060315_2385164.jpg

日本キルト大賞 「Flavor tea]
f0060315_239870.jpg

f0060315_2392542.jpg

準日本キルト大賞 「スカイダイビング」
f0060315_2394677.jpg

フレンドシップ賞 「タチアオイのこと」
f0060315_23102827.jpg

ハンドメイキング賞 「She]
f0060315_23104238.jpg

f0060315_23105561.jpg

賞を取られた方の裏が またあまりにも綺麗なので 驚きです
f0060315_23211891.jpg


その他にも 素敵な作品が 沢山あります
f0060315_23111333.jpg

f0060315_23112756.jpg

入場者が多いので どうしても全形を撮ることが出来ません
朝 一番で入場すれば 良いのかしら・・・
[PR]
by pecochama | 2007-01-23 23:24 | e vent

マロングラッセ & チョコレート In ミラノ

トラットリア・デル・カルミネ でランチをいただいてから
そこの広場にある お肉屋さんやチョコレートショップを覗きました

Cioccolat puro では マロングラッセが 見るからに美味しそうでしたから
先ず 店頭で一個 いただいてみました
とっても 大きいし 柔らかですし しっとりしていて 大満足のお味でした
お土産用に 箱に詰めていただきましたが 
日本に帰ったら 一週間以内に召し上がって下さいね って言われました
f0060315_2247787.jpg

f0060315_22474641.jpg

f0060315_2248713.jpg

お隣のお肉やさんでは 普段のお買物に こんなに素敵な格好でくるんですか?
っていう風の お洒落なマダム達が お肉を買ってます
お友達は 生ハムをお土産に買いました

ペック近くの ジョバンニガッリ GIOVANNI GALLIでは
ほおずきにチョコレートをコーティングしたもの と 
マロングラッセではなくて マロンを加工してチョコレートをコーティングしたものを買いました
ほおずきだけのは お友達がペックで買ったものをいただいてみましたが 
以前いただいた時には もっと甘かったわって言ってましたが 
そんなに味の濃いものではありません
でも このチョコレートがけのほおずきは ほおずきの味とチョコレートの甘さが良い感じで
とっても良いお味でしたから 気に入りました
マロンは マロンだけを味わえる マロングラッセの方が美味しいですね
f0060315_22484185.jpg

f0060315_22491379.jpg

f0060315_22495812.jpg

f0060315_22502229.jpg

[PR]
by pecochama | 2007-01-23 22:52 | イタリア旅行