タグ:映画 ( 52 ) タグの人気記事

プッチーニ  トゥーランドット

プッチーニ トゥーランドット を観ました と申しましても
METライブビューイングといいまして 生のオペラ公演ではなくて 
ニューヨークメトロポリタン歌劇場で収録されました最新オペラ公演映像のスクリーン上映なのです
f0060315_2365337.jpg

4年前の トリノオリンピックのフィギュアスケートで金メダルをとりました
あの名曲の時には 劇場は拍手がいっぱいでして
上映を観ながら 拍手したくなってしまったほど 
素晴らしい歌声と 
あまりにも素敵な舞台衣装 
キルトで拝見しました 田川さんのビーズ作品とつい比べてしまいました

普段は観ることのできない 幕間の裏側や観客
出演者 指揮者 演奏家へのインタビュー
どれをとりましても 超一流 
本当に楽しめました オペラ
実際のオペラを体験下さいと聞きましたが この映像本当に素晴らしいんです
一度観てしまいますと 別の作品も観たくなってしまいます

写真と以下の紹介は  METライブビューイングのサイトからです

指揮:アンドリス・ネルソンス 演出:フランコ・ゼフィレッリ

出演:マリア・グレギーナ(トゥーランドット)、マリーナ・ポプラフスカヤ(リュー)、マルチェッロ・ジョルダーニ(カラフ)、サミュエル・レイミー(ティムール)

プッチーニの最後のオペラ。有名な〈誰も寝てはならぬ〉はこのオペラの第3幕に登場する。
伝説時代の中国。絶世の美女だが、求婚者に謎をかけ、それが解けないと殺してしまう冷酷な姫がいた。彼女の名はトゥーランドット。その夜も謎を解けなかった王子の処刑が行われようとしていた。放浪の王子カラフは、群衆で混み合う広場で、別れ別れとなった王ティムールと召使いの娘リューの姿を見つける。再会を喜ぶ間もなく、登場したトゥーランドット姫の美しさに、カラフは姫の謎に挑む決意をしてしまう。宮廷の官吏ピン、パン、ポンや皇帝がカラフに翻意を促すが、決意はゆるがない。そしてカラフは姫の謎を解き、翌朝までに自分の名前を調べるようにと逆に謎を出す。責められたリューが自殺するなか、姫の冷たい心が溶ける瞬間がやって来る。
伝説の中に生まれる真実の愛の姿を描き出したオペラだ。【片桐卓也(音楽ジャーナリスト)】


<最新シーズン・オペラをスクリーンで楽しむ!>
世界最高峰のオペラハウス、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で行われている最新のオペラ公演が、世界各地の映画館へ配信され、お近くの映画館の巨大スクリーンで楽しめるという新しいエンターテインメント。全米とヨーロッパは現地と衛星同時中継!

<最新の技術を使った高画質とダイナミックな音響!>
高品質なHD映像、METの技術を駆使した臨場感あふれるカメラ・ワーク、さらに5.1チャンネルの最新の音響設備によるダイナミックなサウンドを実現し、日本語字幕入りで上映!まさに、日本に居ながらにして、ニューヨークの最新オペラ公演を、リーズナブルに、オペラ初心者も気軽に体験できます。

<生のオペラ公演では観られない・・・>
本場ニューヨークの生の舞台では決して見られない「ライブビューイング」ならではの特典映像も大好評。出演者やスタッフへの舞台裏でのライブ・インタビューや幕間に行なわれる大規模なステージ・セッティング変換の様子、演出や稽古風景を織り混ぜながらの秘蔵映像は、オペラ作品の解釈や、出演者の役に対するアプローチ、姿勢がわかり、さらなる感動を呼びます。

<世界中で大反響!>
「より多くの人に素晴らしいオペラの舞台を届けたい」というメトロポリタン歌劇場が総力をあげて取り組んだライブビューイングは、2006年の開始以来、世界中で大反響!昨年は北アメリカ、日本、ヨーロッパを含む世界38カ国、800ヶ所以上で上映され、動員数も150万人を突破!その文化的・技術的な貢献が認められ、「METライブビューイング」にアメリカで権威あるエミー賞とピーボディー賞が授与されました。
[PR]
by pecochama | 2010-01-17 23:09 | Entertainment

アバター

今年のお正月映画は 特に観たいと思うものがなかったのですけど
3Dで「アバター」を観ました息子から 「3Dは良いね」と聞いてから
「アバター」を観てみたくなったので 観てきました
f0060315_23514392.jpg

3Dの映像は 眼鏡をかけて観るわけですが
予告の 「アリス・イン・ワンダーランド」から3Dです
f0060315_2350188.jpg
(顔の部分に反対側のビルのポスターが映りこんでます)
アバターは 迫力満点 
長時間ですけど あっという間に終わってしまって
凄かったというのが 感想
300円 通常料金にプラスするのですが その価値はあります
内容は 他の星で緑とその地の人を破壊する人間に嫌気がさしますが・・・

あらすじ
下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる。

解説
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサム・ワーシントンほか、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来久々にタッグを組むことになるシガーニー・ウィーヴァーら実力派が顔をそろえる。構想14年、製作に4年をかけたキャメロン監督による壮大な物語と斬新な映像美に酔いしれる。
以上 movixサイトから
[PR]
by pecochama | 2010-01-10 23:55 | Entertainment

沈まぬ太陽

沈まぬ太陽
f0060315_22163884.jpg

あらすじ
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲劇を目の当たりにする。そして、組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長(石坂浩二)のもとで、恩地は会社の腐敗と闘うが……。
解説
人気作家・山崎豊子による同名ベストセラー小説を、壮大なスケールで映画化した社会派ドラマ。日本が経済大国へと急成長した激動の時代を背景に、巨大企業に翻弄(ほんろう)されながらも自らの信念を貫く男の姿を描く。監督は『ホワイトアウト』の若松節朗、脚本を『陽はまた昇る』の西岡琢也が担当。組織と闘う主人公を演じた渡辺謙をはじめ、三浦友和、石坂浩二など実力派俳優がそろったキャスティングにも注目。

以上 写真・あらすじ・解説は MOVIXのサイトから

山崎豊子作品は 
「大地の子」は 陸一心を演じる上川隆也をテレビで見ておりました 
本を読んだのは 「華麗なる一族」だけ
「白い巨塔」は 田宮二郎の時は見なかったけど 現在の再放送のを初めて見てます
「不毛地帯」も 3回目の放送から見始めました
そして 日曜日の朝から 10分の途中休憩をはさむ超大作の 「沈まぬ太陽」観てきました

忘れもしない 我家が今の所へ引っ越しをする数日前の 1985年の8月
日航ジャンボジェットが 群馬県上野村の御巣鷹の尾根に墜落
この話をポイントに 高度成長期に大企業会社組織とは 政治絡み 家族とは
時代はちょっと古いけど 
現代に通じることも多く JALはまさにタイムリー
色々と多くのことを 考えさせられた 映画
日航機事故でお亡くなりになられた方 
そしてその近親の方々の悲しみは いかに深いものだったのかと
あらためて 思っております

出演者は 数多く
渡辺 謙はもちろんのこと 三浦友和も  
どの方も 素晴らしい演技だったと思います

その中で ちょっとひっかかったのは
シベリアに11年間抑留されていたという 総理大臣の参謀役 龍崎(品川徹)
11年間という言葉が 不毛地帯の壹岐正(唐沢寿明)と同じだったので
やはり モデルといわれている人は 同一人物の瀬島龍三なのですね

今度は 原作を読んでみようと思っております

そういえば どうしていたのでしょうか
[PR]
by pecochama | 2009-11-09 22:58 | Entertainment

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

マイケル・ジャクソン THIS IS IT
f0060315_237160.jpg
                    画像はNOVIXサイトから

幻として消えたロンドン公演のリハーサル風景の映画
数多くの人の中からオーディションで選ばれたバックダンサーよりはるかに年齢が上で
50歳になるというのに そうは全くみえない身体と その動き
圧倒的な存在感と ダンスの切れ 手足の長さは スゴイ

語り口調は非常に優しく
どの歌を聴いても 素晴らしい

音楽に秀でた才能をリハーサルでも 余すところなく見せつけたスーパースター
どうして もうこの世の中にいないのでしょうか
生で歌を聴くこともみることも出来ないのは 残念なこと

もう一度観てみたい映画

MJが子どもの頃
[PR]
by pecochama | 2009-11-03 23:05 | Entertainment

ココ・アヴァン・シャネル

「ココ・シャネル」を観た時から 観たいわって思っておりました
「ココ・アヴァン・シャネル」
見比べるのは おこがましいけど 
「ココ・シャネル」を観た時には 女性としての強い行き方に流石シャネルって思いまして
観ていない方にお勧めしたいって思ったのですが
今回の 「ココ・アヴァン・シャネル」を観た時は 特に何も思いませんでした
f0060315_22391432.jpg

「ココ・アヴァン・シャネル」は「アメリ」のフランス人女優 オドレイ・トトゥ 綺麗で素敵です
フランス語の映画ですから 英語の「ココ・シャネル」より 
言葉の持つ雰囲気が シャネルにはピッタリ合ってます

全編を通して ココのファッションを観ると センスの好さ
当たり前ですけど 本当に素敵すぎます

両方見て シャネルってスゴイ人だったと改めて感心しています
孤児院で育って あんなにも成功したのですから
男性の影もありますけど・・・ネ! 
[PR]
by pecochama | 2009-11-03 22:40 | Entertainment

アマルフィ 女神の報酬

フジテレビ開局50周年記念と銘打たれた 「アマルフィ 女神の報酬」
何回も公共の電波?(フジテレビ)を使っての番宣
サラ・ブライトマンの歌声
オールイタリアロケと聞くと イタリア それもアマルフィを大画面で観たいような
観ても この映画どうなのかしら?という思いもして
行くことを どうしようかしらと考えてしまった アマルフィ
でも とうとう行ってしまいました
f0060315_22573776.jpg

たまたまつけたテレビで 「アマルフィ 女神の報酬」の宣伝のための
竹野内くんの「冷静と情熱のあいだ」を 観てしまったのです
そうなりますと 冷静と情熱の時に観て憧れました フィレンツェやミラノ 
今度は 南イタリアに行きたいって思っていますから 
必然的に 南イコール アマルフィみたいっていう構図で 
翌朝 いざ映画館へ 
ところが お盆の最中ですから チケット売り場は大混雑
普通ならネット予約ですけど 今回も無料で見ようと思いましたから
売り場で人を介して チケットをゲットしなくてはいけないんです
1回目の上映時は無理ですから 2回目のために並んで時間を使うのも勿体ないし
家に急いで帰って 翌日の夜 夫を誘って 
そうなりますと1人1,000円とお安く観られますから

あらすじ
クリスマス目前のローマ。亡き夫との思い出が詰まった街で、矢上紗江子(天海祐希)は最愛の娘の失踪(しっそう)するという最悪の事態に見舞われてしまう。身代金目的の誘拐か、それともテロか……? 犯人グループが警察の包囲網をかく乱し、捜査が一向に進展しない中、事件の真相に迫る外交官・黒田(織田裕二)は、ある事実に行き当たる。

解説
『ホワイトアウト』の映画化も印象深い真保裕一の同名小説を原作に、イタリアで起きた日本人少女失踪(しっそう)事件の謎に迫るサスペンス・ミステリー超大作。監督は『容疑者Xの献身』の西谷弘。事件の真相に迫る外交官・黒田を織田裕二、娘を誘拐されてしまう母・紗江子を天海祐希が演じる。また、ソプラノ歌手サラ・ブライトマンが出演し、主題歌も担当。オール・イタリアロケを敢行して撮られた、壮大なスケールの美しい映像にも注目だ
上記 あらすじと解説は MOVIXサイトから

イタリアの景色を観るために行った映画でしたけど
期待はずれというか その反対 面白かったのです
主演の 織田裕二は格好いいんです
世界陸上の時なんかに はしゃいで高い声で話している雰囲気とは全く違って

「冷静と情熱のあいだ」は プロデュース 大多 亮
「アマルフィ 女神の報酬」 も企画・プロデュース 大多 亮だったのですね
エグゼクティブプロデューサーは 亀山千広
二人ともフジテレビ執行役員 現在はお偉くなっているのですね
ヒットを出すということは そういうことが結果に待っているのね
[PR]
by pecochama | 2009-08-16 23:00 | Entertainment

ココ・シャネル 

ココ・シャネル COCO CHANEL

いつも MOVIXで映画を観ていますけど 
インターネットでチケットを買っていますと ポイントがたまりやすいのです
夫と一緒に観ます時には 1人1,000円とお安く観られますから
ポイントを交換して映画を観るのは 1人で観る時

今日からは お盆で帰省をしましたKaiくん一家が留守ですから
家にいても ひとりで勝手に時間を使えます
ひどい暑さですから 庭で草むしりをするわけにもいかないですし
カルトナージュをするには ボンドがなくなってしまいましたし
それで 映画へGOとなったわけ

シャネル・スーツ シャネル・バッグは知っていても
ご本人の人生は 知らなかったので興味津々 観てきました
本当に映画になる人生 
語録も意味があります 
女性には 色々と人生を考えさせられる お勧めの映画
f0060315_2138131.jpg

f0060315_21382228.jpg

以下のあらすじと解説は MOVIXのサイトから(上の写真も一緒に)
あらすじ
1954年のパリ。空白の15年を経てファッション界に戻り、復帰コレクションを用意したココ・シャネル(シャーリー・マクレーン)のオートクチュール店には、たくさんの評論家や顧客が集まった。しかし、コレクションは不評に終わり、シャネルと、ビジネス・パートナー、マルク・ボウシエ(マルコム・マクダウェル)はがく然とする。

解説
現在でも世界中で愛されるトップブランドの創始者でデザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記ドラマ。第二次世界大戦後、亡命生活を終えてファッション界へカムバックを果たした1954年以降のシャネルが、自身の駆け出しの時代を追想する2部構成で、世界で最も有名なデザイナーに肉迫。シャネル役は、オスカー女優シャーリー・マクレーン。ビンテージの宝石やバッグなど、それぞれの時代のシャネルファッションにも注目。
f0060315_2153485.jpg

9月18日から公開される ココ・アヴァン・シャネル はフランス語
今回の ココ・シャネルは 英語
初日の9月18日に観に行きたいところですけど・・・ その日から香港行くので無理
帰ってきてからの お楽しみにします
[PR]
by pecochama | 2009-08-13 21:56 | Entertainment

シネマ歌舞伎 牡丹亭

f0060315_8523614.jpg

シネマ歌舞伎特別篇 
坂東玉三郎・中国昆劇合同公演 
牡丹亭(ぼたんてい)
 を東劇で観てきました
今日までの日程ですから ギリギリセーフ

みどころ
* 〈第1部〉ドキュメンタリー篇『玉三郎16Days in 蘇州』
* 〈第2部〉舞台篇『牡丹亭』
(2009年3月13日~15日 蘇州科学技術文化センター)

日本の歌舞伎よりも長い、600年という伝統を持つ中国の昆劇。2008年5月の北京公演に続き、2009年3月13日、昆劇のメッカである中国・蘇州で、坂東玉三郎が主役として客演した昆劇『牡丹亭』の上演が遂に実現、それはまさに日中の、いやアジアの文化的歴史的大事件となりました。前年の北京での台本に三つの場を付け加えた蘇州での公演は大成功、見事な中国語(蘇州語)のせりふと歌を駆使する玉三郎の迫真の演技に、中国の観客は酔いしれ熱狂的な拍手を送ったのです。

中国の多くの人々にとって衝撃的だったのは、中国の伝統劇である昆劇が、日本の歌舞伎の立女形によって新しい命を得たと感じられたことです。中国人が、日本人である玉三郎によって昆劇を再発見したのです。「梅蘭芳(メイランファン=20世紀前半の京劇の伝説的名優)が昆劇の舞台の上に蘇ったかのようだ。」「玉三郎は、日本だけではなく、もはやアジアの至宝だ。」

公演には中国のメディアが殺到し、翌朝の新聞、テレビは、おびただしい数の賛辞で埋まりました。坂東玉三郎は、北京と蘇州の公演を経て、中国でも一気に大スターとなったのです。

この伝説的公演を、日本の観客のみなさまには、シネマ歌舞伎特別篇『牡丹亭』として臨場感あふれる映像と音響にて、いち早く大スクリーンでご覧いただきます。今回は、蘇州科学技術文化芸術センターでの公演だけでなく、蘇州での玉三郎のすべてもカメラにおさめました。第1部(ドキュメンタリー篇)と第2部(舞台篇)の2部構成でお楽しみいただきます。ご期待下さい!!

あらすじ
『牡丹亭還魂記』は、明代の劇作家・湯顕祖(とうけんそ)(1550~1616)の代表作であり、昆劇を代表する名作です。

南安太守の令嬢・杜麗娘(とれいじょう)は、春のうたたねの夢に柳夢梅(りゅうむばい)という若者と出会います。瞬く間に恋に落ちた二人は、13人の花神たちの祝福の中で結ばれ、歓喜の時を過ごしますが、気がつけばそれらはすべて夢の中での出来事でした。夢の中での恋が忘れられず、柳夢梅への思いは日増しに募り、その思いのあまり杜麗娘は病に罹り、はかなくこの世を去ります。しかし、二人の愛はそれでは終わりませんでした。そのあと信じられない展開が…。

今回は、前年の北京での「遊園、驚夢、堆花、写真、離魂」に、「叫画、幽媾、回生」の三つの場を加え、美と情あふれる玉三郎&昆劇の世界を存分にお楽しみいただきます。

配役
杜麗娘(とれいじょう)… 坂東 玉三郎
柳夢梅(りゅうむばい)… 兪 玖林

以上 写真と みどころとあらすじは 松竹のサイトから

玉三郎の美しさは 見事ですが
それ以上に素晴らしいのは ことば
難しい中国語で ずっと話したり歌ったりですから 
その姿を観ますとたゆまぬ努力の姿を想像し 感銘を受けます
本物の役者さんなんですね
本場の中国で 観客のみなさんが惜しみない拍手をしたので証明されております

一緒に観ましたお友だちが 蘇州の人に日本語を教えていらっしゃって
蘇州の街並みをドキュメンタリーで観て 川で泳ぐということがわかるとのことです

帰りには
[PR]
by pecochama | 2009-07-10 09:12 | Entertainment

ターミネーター4

土曜日の夜は いつもより少し早い夕食
本当はビールを飲みたい夫に我慢をしてもらって
だって 映画館でイビキをかきながら 眠ってしまわれたら迷惑だから
f0060315_22343856.jpg

観にいったのは ターミネーター4
最近 シネマ歌舞伎ばかり観にいっていたから
普通の映画は 久しぶりって感じです

ターミネーターっていったら アーノルド・シュワルツェネッガーでしょって思っていたけど
家族と一緒に観にいったシュワちゃんは 子供たちから
「これまでのシリーズ作で最高の出来」と言われたとか

ジョン・コナー より 
ずっと マーカス・ライトが気になって仕方がありません
[PR]
by pecochama | 2009-07-05 22:35 | Entertainment

シネマ歌舞伎 ふるあめりかに袖はぬらさじ

f0060315_19314842.jpg

「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

みどころ

有吉佐和子の手になる本作は、昭和47年名古屋中日劇場の文学座公演で、
杉村春子のお園ほかの配役で初演されました。
昭和63年には杉村春子の当たり役であったお園役を坂東玉三郎が受け継ぎ、
以後、繰り返し上演されて来た名作舞台です。
そして、平成19年12月歌舞伎座公演では、ついに歌舞伎として初上演され、
玉三郎渾身の演技(九度目の芸者・お園)、豪華キャスト競演で大評判となりました。

あらすじ

時は幕末、開港まもない横浜の遊郭「岩亀楼(がんきろう)」で、ひとりの遊女が自ら命を絶ちます。
おりから吹き荒れる尊王攘夷の嵐の中、「攘夷女郎」の伝説にいやおうな一役買っていくお園 …。

配役

芸者お園 … 玉三郎
通辞藤吉 … 獅童
遊女亀遊 … 七之助
唐人口マリア … 福助
イルウス … 彌十郎
浪人客梅沢 … 権十郎
同 佐藤 … 海老蔵
同 堂前 … 右近
大種屋 … 市蔵
幇間和中 … 猿弥
唐人口チェリー … 吉弥
同 メリー … 笑也
同 バタフライ … 松也
同 ピーチ … 新悟
芸者奴 … 笑三郎
同 太郎 … 春猿
帳場定吉 … 寿猿
旦那三河屋 … 男女蔵
同 駿河屋 … 亀蔵
同 伊東屋 … 友右衛門
思誠塾多賀谷 … 段治郎
同 飯塚 … 勘太郎
同 松本 … 門之助
同 小山 … 橋之助
同 岡田 … 三津五郎
岩亀楼主人 … 勘三郎

以上 写真とあらすじ・・・は 松竹のサイトからです

「ふるあめりかに袖はぬらさじ」は シネマ歌舞伎をご覧になられてた方々からの お墨付きでしたから
どのような感じかしらと とっても観たかった作品
10分の休憩をはさんでの174分が 速いこと はやいこと
面白いし 素晴らしい作品だから 当然ですけど・・

玉三郎演じる芸者お園
本物の「芸」を見せて いただけたって思います
沢山のせりふと所作 三味線を弾きながらの歌 どれをとってもお見事でした

勘三郎も もちろん素晴らしい 

沢山の役者さんが 出ていますが 若手役者としては
七之助は 薄幸な花魁の役で 寂しげな感じがでています
中村獅童も 映画やTV等 歌舞伎以外での活躍で 皆さんに名前を知られていますけど
今回はメインの役 
歌舞伎の世界で これからはもっと沢山観たいと思います
市川海老蔵は 声も良いですし 少し出るだけでも 存在感があって 華があります 

こうなりますとシネマ歌舞伎 全作品を観たくなってしまいます
[PR]
by pecochama | 2009-06-28 22:51 | Entertainment